黒汁(KUROJIRU)の基礎知識

黒汁(KUROJIRU)口コミ|アレルギー体質の人が注意したい3つの成分とは?

更新日:

黒汁(KUROJIRU)は口コミもよく効果が実感できますが、使われている成分は薬品ではなく天然な食品を使ったもの。

そこでアレルギー体質の人が注意したい成分について、3つのポイントをお伝えしていきます。

黒汁(KUROJIRU)でアレルギー体質の人が注意したい成分①リンゴやトマト

黒汁(kurojiru)口コミ

アレルギー体質に悩む方で多いのが花粉症でしょう。

花粉症であれば特に注意して欲しい成分はリンゴやトマトです。

なぜシラカバやスギの花粉とリンゴやトマトがどう関係するのか疑問に思う方も多いでしょう。

 

実はこのシラカバ花粉とリンゴの成分は似た構造を持っており、シラカバ花粉にアレルギー体質であればリンゴにもアレルギー反応を起こしてしまうのです。これはスギ花粉とトマトでも同様です。

毎年春になると酷い花粉症に苦労するような方はリンゴやトマトの成分が含まれるジュースを飲むと口の中や周りが痒くなるかもしれません。

トマトの場合は特に完熟したものが危険性が高く、逆にプチトマトは比較的安全です。

 

症状が出たにもかからず大量に飲むとアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、症状が出た場合はすぐ飲むのを止めましょう。

リンゴやトマト以外に気をつけたい果物成分はキウイです。

果物の中でアレルギー報告が一番多くされています。

これら果物アレルギーの有無について調べるにはプリックテストが効果的です。

 

黒汁(KUROJIRU)でアレルギー体質の人が注意したい成分②チアシード

黒汁(kurojiru)口コミ

健康維持をサポートしてくれるチアシードも注意が必要な成分のひとつです。

マスタードやマスタードシードに対してアレルギー体質である方はチアシードでアレルギー反応が起きる可能性があります。

アレルギーが起きる原因成分はチアシードの持つタンパク質で、これがマスタードのアレルギー成分と構造が似ています。

 

その症状は吐き気、嘔吐、湿疹、じんましん、呼吸困難、口腔内の腫れなどです。

アレルギー体質が強い場合にはアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

またチアシードの作用により血圧が上がってしまう可能性もあります。

抗凝固薬など血液の凝固を防ぐ薬を飲んでいる方は特に注意が必要です。

 

同時に血圧が高い方もチアシードの大量摂取は控えるべきです。

加えてチアシードは依存性が報告されています。

健康な方でも大量摂取を毎日続けるような飲み方は控えましょう。

大量にとってしまった日は翌日の量を控えるなどして依存しないよう心掛けてください。

 

黒汁(KUROJIRU)でアレルギー体質の人が注意したい成分③クルミとカシューナッツ

黒汁(kurojiru)口コミ

最も強いアレルギー反応を示すのはクルミとカシューナッツです。

この2つはアレルギー教示の推奨品目にもなっています。

ピーナッツほど強いアレルギー反応を示すことはありませんが、ピーナッツにアレルギー体質な方であればクルミとカシューナッツにもアレルギー体質である可能性があります。確率としては20パーセントほどです。

 

ピーナッツの成分によるアレルギー反応は全身におよぶ蕁麻疹、呼吸困難、アナフィラキシーショックなど重いものが多いのが特徴です。

それゆえに細心の注意が必要で、ピーナッツの成分にアレルギーがある場合は他のナッツ類でアレルギーを起こさないか個別にテストする必要があるでしょう。

 

ピーナッツ以外のナッツ類の中でアナフィラキシーショックを誘引することが多いのがクルミとカシューナッツです。

日本ではクルミによるアレルギーが多く報告されています。

黒汁(KUROJIRU)は口コミでもいわれているように含まれるクルミの量はそれほど多くありませんが、アレルギー症状がある方は細心の注意をもってご利用下さい。

 

実際に試してみた黒汁(KUROJIRU)口コミをチェック!

 

あわせて読みたい

-黒汁(KUROJIRU)の基礎知識
-

Copyright© 黒汁(KUROJIRU)の口コミ!【画像あり】ダイエット失敗続き34歳OLが黒汁で激ヤバ!? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.